So-net無料ブログ作成

「10%」に賛否両論=首相の消費税上げ発言―各閣僚(時事通信)

 菅直人首相が消費税率の10%への引き上げに言及したことに対し、各閣僚から18日午前の閣議後の記者会見で発言が相次いだ。首相発言に理解を示す意見が出る一方で、増税論議に慎重な小沢一郎前幹事長に近い閣僚からは異論も上がった。
 北沢俊美防衛相は「そこまで踏み込んで首相が国民に訴えていくのは大事なことだ」と評価。蓮舫行政刷新担当相は「(税金の無駄遣い洗い出しと)同時並行的に消費税を何%まで持っていくか、議論を進めることに違和感はない」と語った。直嶋正行経済産業相は「議論していくことは国民に理解を得られるのではないか」との認識を示した。
 前原誠司国土交通相は「昔は選挙にマイナスだったが、今の(財政)状況に至っては、むしろ責任を持って打ち出す方が国民も信頼を持って耳を傾けていただけるのではないか」と述べ、参院選に有利に働く可能性があるとの見方を示した。
 これに対し、原口一博総務相は10%への引き上げについて「わたしたちが言っているのではなく、自民党の数字だ」と指摘、歳出削減努力を優先すべきだとの考えを改めて強調した。山田正彦農林水産相も「消費税を上げる前に、事業仕分けとか行政レビューとか、無駄をなくすことが大前提だ」と主張した。
 中井洽国家公安委員長は「選挙直前にあえてそういうことを言ったのは大変、難しい判断だと思っている」と述べ、参院選への影響は避けられないとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕タレント、議員そして大臣へ 蓮舫氏
阿久根市の調査を指示=ボーナス減額専決処分などで
「首相は頭冷やせ」=国民新・森田氏

共有ソフトPDで人気アニメを“一次放流”の男、逮捕(産経新聞)
<囲碁>本因坊戦第3戦 山下天元、持ち前のパワーを発揮(毎日新聞)
新薬の昨年度総審査期間、2.8か月短縮(医療介護CBニュース)
新型「さくら」公開=来春、山陽・九州新幹線直通(時事通信)
帆の展開、すべて成功=宇宙ヨット「イカロス」(時事通信)

新内閣、色濃い「論功行賞」…脱小沢も鮮明に(読売新聞)

 8日夜に発足する菅内閣は、民主党の小沢一郎前幹事長の影響力排除を目指した陣容となった。

 初入閣となる5人のうち、野田佳彦財務副大臣、蓮舫参院議員、玄葉光一郎衆院財務金融委員長の3氏は、いずれも、小沢氏が代表や幹事長時代に独断的な党運営を行ってきたなどとして、小沢氏に対し、批判的な立場を取ってきた。官房長官に横滑りする仙谷国家戦略相、再任予定の岡田外相、前原国土交通相の3氏も、「反小沢」の急先鋒(せんぽう)として知られる。

 財務相に昇格する野田氏は8日朝、地元の千葉県船橋市内で記者団に「しっかり菅さんを支える体制を築き、国民世論にきちんと応えていく、仕事のできる政府をつくる」と抱負を語った。

 組閣人事は「論功行賞」の色合いも濃い。野田、蓮舫、玄葉3氏に加え、官房副長官となる福山哲郎外務副大臣は、民主党代表選で菅氏の推薦人に名を連ねていた。国家戦略相への起用が固まっている荒井聰衆院議員は、菅氏を支えてきた側近議員だ。

 民主党の細野豪志幹事長代理は8日のテレビ朝日の番組で、「権力を持った時に行使できるのが人事だ。菅新首相が権力を持ったわけだから、やりやすい人事を断行するのは当然だ。小沢氏も、権力というものを知っているだけに、そう考えていると思う」と語った。

 党内では「新政権では、内閣も党も『脱小沢』を鮮明にしている。『挙党一致』とはとても言えない」(党関係者)との見方もある。

 夏の参院選を間近に控えていることもあり、新内閣では11閣僚が再任となる見通しだ。菅氏の側近議員は「内閣に安定感が出て、いい顔ぶれだ」と自賛しているが、中堅議員の間には、参院選後の抜本的な内閣改造で処遇を求める声もくすぶっている。

「日本は反対運動を無視」=シー・シェパード元船長―東京地裁(時事通信)
「大変残念。反省している」首相辞任で小沢氏(読売新聞)
振り込め対策で高齢者優先ATM=警視庁副総監が視察―東京・浅草(時事通信)
小型イカ、人気上昇中=歯応え良く、割安感も(時事通信)
おばあちゃんの原宿で商人まつり(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。