So-net無料ブログ作成

橋下知事「都構想への支持ではない…」 微妙な軌道修正の理由(産経新聞)

 「政治的な勘です」。地域政党「大阪維新の会」への入党にタイムリミットを設定した代表の橋下徹大阪府知事は24日、期限を設けた理由について記者団にこう語った。大阪府と大阪市を再編する大阪都構想を前面に押し出した大阪市議補選(福島区選挙区)で圧勝した「大阪維新の会」だが、橋下知事は有権者や既存政党の反応を見ながら、微妙な軌道修正も行っている。

 市議補選の投開票日の23日夜、知事はいつになく上機嫌だった。圧勝した結果を踏まえ「大阪都構想に賛同してもらった。投票がすべてだ」とコメント。構想に反発する平松邦夫大阪市長に厳しい批判を繰り返した。

 ところが、一夜明けた24日には一転し、「都構想は支持されたわけではない」と神妙な姿勢に。態度を変えた理由について、橋下知事は「昨日はお酒も飲んでいい気分になって言ってしまったが、朝になって新聞を読んで分析してみると、投票率も4割。一部の人の支持しか受けられていないと思った。謙虚に受け止めたい」と説明した。

 知事らが照準をあわせているのは来春の統一地方選で大阪府議会、大阪市議会で過半数を獲得することだが、誕生したばかりの地域政党にとっては高いハードルだ。

 市議補選では、知事は1つの議席を取るため、公務を絞って連日福島区入りして支持を訴え、勝利の原動力になった。しかし、来春の統一選では同一選挙区で複数候補者を擁立しなくては、過半数の獲得は不可能だ。

 選挙戦での複数候補への票の割り振りなどは未体験で、橋下知事の発言や差配に左右される事柄も多い。関係者は「知事は民意の動きに敏感だ。市議補選に圧勝したからといって調子に乗りすぎると、すぐにそっぽを向かれると直感しているのではないか」と話した。

【関連記事】
橋下知事が期限付き「維新の会」入党呼びかけ
大阪市長「風で閉塞感を解決できぬ」 市議補選・橋下新党勝利
雨でも関係なし! 橋下新党勝利にうなだれる既存政党
空中戦、どぶ板選挙を粉砕 橋下新党初勝利の衝撃
橋下“大阪都”賛否で5新人が舌戦 市議補選、異例の注目
虐待が子供に与える「傷」とは?

受信料不払い5人に強制執行 NHK(産経新聞)
山田宏氏、杉並区長辞任し参院選出馬へ(読売新聞)
ワクチン接種の家畜、2〜3日後処分へ…西都市(読売新聞)
今年度事業計画などを了承−全自病(医療介護CBニュース)
不同意堕胎、容疑の医師「申し訳なかった」(読売新聞)

パンタグラフ外れ、列車の窓ガラス3枚破損(読売新聞)

 14日午前9時5分頃、長野県松本市宮渕本村のJR大糸線「宮渕踏切」で、安曇野市穂高柏原、運転手原田芳信さん(56)のトラック荷台に取り付けられたクレーンのアームが架線に接触。

 約10分後、松本発南小谷行きの普通列車(2両編成)のパンタグラフが、たわんだ架線に引っかかって外れ、車両にぶつかった。列車は緊急停止。窓ガラス3枚が割れ、約80人の乗客のうち1人がごく軽い切り傷を負った。

 JR東日本長野支社によると、約4時間後に復旧したが、上下線6本が運休、6本が部分運休し、約1000人の乗客に影響が出た。

 修学旅行で乗車していた千葉市の中学3年の男子生徒は「閃光(せんこう)が見え、すごい衝撃があって急停車した」と話していた。

<新党改革>荒井幹事長が出馬表明 参院選比例(毎日新聞)
婚活 コンブやカツオのかりんとうが大人気 縁結び役に(毎日新聞)
訪問介護員、「生活援助」ができない?(医療介護CBニュース)
口蹄疫「給食に影響ない」=川端文科相(時事通信)
<トカゲ類>気温上昇続けば2割が絶滅 生態系に深刻な影響(毎日新聞)

「たいやきくん」のモデル、神戸守一さん死去(読売新聞)

 神戸守一氏(かんべ・もりかず=たい焼き店「浪花家総本店」会長)5日、前立腺がんで死去。

 86歳。告別式は12日午前10時、東京都品川区西五反田5の32の20桐ヶ谷斎場。喪主は長男、将守氏。

 東京・麻布十番のたい焼き店を経営。1975年に発売された大ヒット曲「およげ!たいやきくん」でモデルになった。

遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞)
もんじゅ臨界到達(産経新聞)
湯浅氏、再び内閣府参与に(時事通信)
<日中戦争>憲兵の手紙424通公開(毎日新聞)
ヘリ部隊受け入れ拒否、徳之島3町長が方針確認(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。