So-net無料ブログ作成
検索選択

雑記帳 スピードの加藤選手の母校 センバツに初出場(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート男子五百メートルで銅メダルを取った加藤条治選手(25)の母校・山形中央高の駐輪場に「条治を超えろ!!」と書かれた縦1.5メートル、横10.5メートルの看板がある。

【感動を写真でもう一度】長島が銀、加藤が銅 スピード男子五百

 加藤選手は高校総体で3連覇し、高校時代にワールドカップ(W杯)で準優勝2回。輝かしい戦績を記念して、卒業半年後の03年10月に作られた。「『条治を目指せ』の案もあったが『超えなきゃだめだ』という意見が出て変更された」と同校教諭。

 母校はセンバツ21世紀枠で甲子園に初出場する。松田道明教頭は「野球部も『条治を超えろ』で、優勝か準優勝を目指してほしい」と舌の滑りも絶好調。【鈴木健太】

【関連ニュース
<特集>第82回センバツ高校野球大会
五輪フィギュア:高橋銅メダル獲得の瞬間、視聴率27.2% 男子フリー
バンクーバー五輪:スピード競技ウエア 下着透けてる?
五輪スピード:メダル二つで「お家芸」復活 個別強化実る
バンクーバー五輪:思いさまざま…高橋らメダリスト会見

市民公益税制の議論加速へ=「今国会中にも」−仙谷担当相(時事通信)
「12年から経営悪化」 鳥取裁判員裁判 会計士が証言(産経新聞)
自室に放火、36歳男逮捕=連続不審火との関連捜査−福岡県警(時事通信)
【イチから分かる】個所付け 思惑絡む公共事業予算配分(産経新聞)
投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件−東京地裁(時事通信)

東大寺 法華堂の須弥壇、創建以来初の本格修理へ(毎日新聞)

 奈良市の東大寺は22日、天平時代の創建で同寺最古の建築とされる法華堂(三月堂、国宝)の須弥壇(しゅみだん)を、来年度から3年間の予定で修理すると発表した。仏像を安置する壇で、本格的な修理は創建以来初めて。仏像も順次修理する。終了後、4体は新施設に移す予定で、「天平仏の宝庫」と言われる堂内の風景が変わることになる。

 須弥壇はシロアリの影響などで以前から劣化が指摘されてきた。現在は下からジャッキで固定しているが、地震対策もあり修理することになった。このため、今年5月18日から7月31日まで堂内の拝観を停止する。

 壇の上には、本尊の不空羂索(けんさく)観音立像や四天王立像(いずれも国宝)など天平時代の乾漆像9体と塑像5体、中世の木像2体の計16体が並ぶ。

 8月から拝観を再開するが、修理期間中は伝日光・月光菩薩立像、帝釈天像、梵天像(いずれも国宝)、地蔵菩薩像、不動明王像、弁才天像(いずれも重文)の7体だけで、9体は奈良国立博物館などに移して修理。南側の礼堂からガラス越しでの拝観になる。さらに、11年10月以降は、日光・月光菩薩など4体を境内に建設中の収蔵・展示施設「東大寺総合文化センター」に移す予定。

 また、法華堂の拝観停止中は、鎌倉時代の僧の肖像、重源(ちょうげん)上人坐像(国宝)が安置される俊乗堂を特別公開する。【花澤茂人】

【関連ニュース
両堂記:東大寺二月堂全焼時の様子、詳細に 奈良博で公開
奈良県議会:東大寺大仏殿で議会 12月に 23年ぶり
本山葬:筒井寛秀さん=3月29日午後1時、東大寺本坊
東大寺:次期別当に北河原院主を選出
訃報:筒井寛秀さん88歳=東大寺長老

長崎知事選敗北、小沢氏謝罪「迷惑をかけた」(読売新聞)
「厚労省は新型インフルへの対応の総括を」―黒岩氏(医療介護CBニュース)
空き巣容疑でコロンビア人ら逮捕=130件、5000万相当か−警視庁(時事通信)
元入管職員、収賄認める(産経新聞)
刺身パックに針混入=75歳男を現行犯逮捕−三重県警(時事通信)

橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)

 「僕の政治的な思いが反映されたパーフェクト予算」。2年連続で赤字を回避した大阪府の平成22年度当初予算案。16日午後、記者会見した橋下徹知事は自信満々の表情で自画自賛した。一方、法人2税の大幅な落ち込みの原因は国の失策だとして批判するなど「橋下節」は収まらず、会見は2時間半に及んだ。

 予算案について「財政規律を堅持し、新たな都市魅力の創造に手を打てた」と評価した橋下知事。退職手当債の発行を見送り、異例の借入をしていた減債基金への返済、貯金にあたる財政調整基金の積み立てもしたことなどを強調。府債残高は増加するものの、独自の財政指標「実質府債残高」を持ち出し、「知事がコントロールできる負債は減った」と説明し、財政再建が順調に進んでいることをアピールした。

 予算配分の方針は「競争」をキーワードにあげ、「頑張るところを後押しするため、まんべんなくお金を配るのはやめる。公金を受け取るところには必死になってもらう。競争でしかサービスは向上しない」とまくしたてた。

 また、就任3年目を迎えたことを受け「やりたいことができる余地もできた。これからは攻めに転じる」と、大阪マラソンや泳ぎたくなる川といった事業に予算をつけた理由に触れ「無駄に見えるかもしれないが、(府民への)サプライズも必要だ」と述べた。

 一方、税収減をめぐっては「法人2税が下がったのは国の産業振興の失策が原因。地方がかぶるのはおかしい」などと非難をしたが、税収減に対応した国からの地方交付税などについては「ありがたい。先立つものはお金。原口(一博)総務相のおかげ」などと語った。

【関連記事】
減収深刻な大阪府予算、“橋下流”改革も限界に
橋下知事「大阪の子供全員をUSJに連れて行きたい」と提案 府が実現性を検討
橋下流2年 遠のく財政再建、権限に限界も?
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告
「槙尾川ダム」視界不良 橋下知事近く再交渉

岡田外相が19日から豪州訪問(産経新聞)
国連の温暖化報告書、誤記や金銭問題浮上(読売新聞)
<石川知裕議員>辞職勧告採決せず 衆院議運委(毎日新聞)
<盗難>新田義貞の銅像が 群馬・太田の神社境内から(毎日新聞)
既婚者の別姓移行、施行後1年以内に=婚姻後変更は認めず−民法改正案(時事通信)

ハイチ大地震 NGO代表の医師、メールで「感染症心配」(毎日新聞)

 ハイチを支援するNGO(非政府組織)「ハイチ友の会」代表で医師の小沢幸子さん(35)=山梨市立牧丘病院勤務=が、大地震で23万人が死亡したと推定されるハイチで医療支援を続けている。現地から友の会事務局に電子メールで手記を寄せた小沢さん。「集団予防接種の意義を理解してもらう難しさも感じています」と記している。

【写真で見る被害の大きさ】カリブ海のハイチでM7.0

 手記によると、小沢さんが日本赤十字社の医療チームの一員として現地入りしたのは、地震から2週間後の1月26日。まず首都ポルトープランスの仮設診療所で1日65〜120人の患者を診察した。当初は骨折などの外傷が多かったが、最近は風邪や下痢などの症状や、糖尿病など慢性疾患への対応も求められるようになった避難キャンプではジフテリアや破傷風など感染症の流行が懸念されたため、今月6日からは集団予防接種を始めた。しかし、副作用を恐れるハイチ人が多く、思うように接種が進まないという。

 現在はポルトープランスの西約15キロで、より震源に近いレオガンで活動。小沢さんはレオガンの印象を「建物の7割が倒壊し、まるで空爆を受けたかのよう」と書いている。

 小沢さんは公用語のクレオール語を話せるため、通訳を介さず問診ができる。緊張した表情だった患者も、公用語で話しかけると笑顔になるという。

 小沢さんは慶応大在学中の95年、ボランティアとしてハイチへ渡航したのをきっかけに友の会を設立。現地の医療の脆弱(ぜいじゃく)さに衝撃を受け、山梨医科大(現山梨大医学部)に入り直して医師になった。以降、たびたび現地入りして雇用創出や就学支援の活動を続けている。「長期的支援について提案したい」という。【曹美河】

【関連ニュース
◇独裁と混迷の歴史◇ハイチ大地震:最貧国を直撃…悪政のツケ 国民に
ハイチ大地震:復興支援活動の候補地視察 陸自PKO
ハイチ大地震:陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊
ハイチ大地震:死者20万人超す 倒壊家屋にまだ多数

<石巻2人刺殺>南部さん、大森さんの葬儀や通夜行われる(毎日新聞)
トランスデジタル社長ら逮捕 特定社に債権譲渡疑い(産経新聞)
「議員案件でも断れる」=元局長公判で厚労省職員−大阪地裁(時事通信)
大日本住友製薬、中期経営計画を発表(医療介護CBニュース)
GHや通所などの新規開設加速へ―セントケアHD(医療介護CBニュース)

雪 関東甲信で降雪 都心でも積雪(毎日新聞)

 前線を伴った低気圧の影響で関東甲信地方では17日深夜から各地で雪が降り、東京都心でこの冬2回目の積雪を観測した。雪は18日昼前まで続く見込み。

 気象庁によると、18日午前7時現在の積雪は水戸市7センチ、山梨富士河口湖町10センチなど。同日正午まで6時間の予想降雪量は▽山梨県10センチ▽茨城県、多摩地方から神奈川県西部5センチ▽東京23区を含む関東南部平野部1〜3センチ−−の見込み。

【関連ニュース】
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で
大雪:東北、北陸に寒気直撃…京都・金閣寺雪化粧
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度

刑務所侵入容疑 元受刑者を逮捕 京都府警(産経新聞)
石川議員離党「判断重い」=鳩山首相(時事通信)
山内議員元秘書を逮捕 立場悪用、金策に奔走(産経新聞)
<五輪フィギュア>夢追う姿勢に観客共感…ペアの川口選手(毎日新聞)
「検察の捜査に勝るものない」=小沢氏、政倫審出席に否定的(時事通信)

<鳩山首相>小沢、石川氏に「説明義務」(毎日新聞)

 衆院予算委員会は12日午前、「鳩山内閣の政治姿勢」をテーマに集中審議を始めた。鳩山由紀夫首相は、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件に関し、小沢氏と、民主党を離党した石川知裕衆院議員について「国民から見て疑わしいところがあれば、起訴、不起訴に違いはあるが、政治家としての高い倫理観の中で、説明する義務は負うていると思っている」と述べ、石川議員だけでなく小沢氏にもさらに説明責任を果たす必要があるとの認識を示した。後藤田正純氏(自民)の質問に答えた。【野原大輔】

【関連ニュース
鳩山首相:11日に63歳の誕生日 前祝いで苦しみ吐露
枝野幸男氏:行政刷新担当相に就任 鳩山内閣、閣議決定で
衆院予算委:鳩山首相「小沢氏は説明尽くすこと大事」
鳩山首相:「党の判断ある」石川議員進退で
鳩山首相:政権バランス重視 小沢氏との距離感に腐心

たまゆら火災ずさん管理「避難路灯油タンク」(読売新聞)
「たまゆら」理事長らを業務上過失致死容疑で逮捕―群馬県警(医療介護CBニュース)
登ろう8000メートル峰 登山家・竹内洋岳さんパートナー募集(産経新聞)
年中行事「初午」の飾り付け 杉並区(産経新聞)
嫡出子認定を千葉法相に要請=性同一性障害の夫(時事通信)

バンクーバー五輪 「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)

 【バンクーバー大前仁】開会式会場のBCプレースは開催国カナダのナショナルカラー「赤と白」で埋まった。観客はカナダの国技といえるアイスホッケー代表チームのジャージーを着込み、国旗をマントのように羽織り、顔に赤と白のペイントを塗り、「ゴー、カナダ!」と口にして、待ちに待った開幕の瞬間を迎えた。「(03年に開催都市に選ばれてから)7年間、この日を待ち続けた。これまでBCプレースには何十回と足を運んだが、こんなに特別な雰囲気は味わったことはない」−−。同地出身のマット・バードさん(25)は高まる感情を抑えきれない様子だった。

 カナダ西部の街、カルガリーの市職員、アン・バーグさん(55)は2週間の休暇を取り、夫や両親と五輪を生観戦に来た。開会式のチケット代は1人175カナダドル(約1万5000円)だが、「五輪観戦は生涯でまれな経験。全然高いと思わない」。カナダはこれまで76年夏季のモントリオール、88年冬季のカルガリーを開催してきたが、アンさんは直接観戦ができなかっただけに「やっとこの日が訪れた」と話し、周囲の人に抱きついてみせた。

 バンクーバーは欧州系の住民のほか、中国系、インド系、東南アジア系など多くの民族が住む「移民の都市」。現在では少数系民族の人口が欧州系(白人)を上回るといわれている。BCプレース内の観客案内係のボランティア女性は35年前にフィリピンから移民した。「私の母国はカナダ。五輪を開催することを誇りに思っている」と口にした。

【関連ニュース
五輪リュージュ死亡:そり競技で災難 最高時速160キロ
バンクーバー五輪:開幕 美と技82カ国・地域2500人
バンクーバー五輪:今大会初ドーピング違反
バンクーバー五輪:開幕まで「0」日
バンクーバー五輪:薬物陽性の30人、選手名など明言せず

男子高生、大麻所持容疑で逮捕=同級生らと吸引か−京都府警(時事通信)
地元産和牛の脂を活用したせっけん 佐賀市の精肉店(産経新聞)
<北海道ひき逃げ>容疑者を起訴 札幌地裁支部(毎日新聞)
陸自、ハイチで活動開始…宿営地外で整地作業(読売新聞)
神鋼と株主が和解 橋梁談合訴訟(産経新聞)

偽バイアグラ販売で2人逮捕=売り上げ1億円以上−大阪府警(時事通信)

 医薬品販売の許可を受けずに男性機能不全(ED)治療薬「バイアグラ」の模造薬を所持するなどしたとして、大阪府警生活環境課と福島署は15日、薬事法違反容疑で、大阪市城東区古市、無職広瀬敬志(64)、兵庫県明石市小久保、無職中井雅幸(28)両容疑者を逮捕した。同課によると、2人とも容疑を認めている。
 2人の逮捕容疑は昨年9月3日、乗用車内に本物と同じ医薬品成分を含む偽物のバイアグラなど錠剤計約500錠を販売目的で所持したほか、計84錠を客7人に販売した疑い。
 同課によると、広瀬容疑者らはスポーツ紙に広告を出し、代金引換郵便などで配送。2008年3月〜昨年9月、46都府県の客約7000人に販売し、1億円以上を売り上げたという。 

わざわざ大阪に転居、夫婦が生活保護不正受給(読売新聞)
バンクーバー五輪 「ゴー、カナダ!」 地元興奮最高潮(毎日新聞)
ペット飼育小屋火災、犬70匹焼死…奈良(読売新聞)
<石川衆院議員離党>民主支部は今後も支援 北海道(毎日新聞)
拉致解決 総連幹部に直談判 衆院特別委員長「打開図りたい」(産経新聞)

性同一性障害の夫「嫡出子」認定を法相に直訴(読売新聞)

 性同一性障害で女性から性別を変えた兵庫県宍粟市の男性(27)が、第三者の精子を使って妻との間に人工授精で生まれた子を「非嫡出子(婚外子)」として届けるよう同市から指示された問題で、この夫婦らが15日、千葉法相と面会し、「嫡出子」として認定するよう求めた。

 面会後に記者会見した男性によると、千葉法相は「嫡出子として認める方向で検討する。当事者と話を聞く場を設けることも検討したい」と述べ、方針変更に前向きな姿勢を示したという。

 夫婦は昨年11月、市に出生届を出したが、法務省は「生物学上は同性同士で、子をもうけるのは不可能」との見解で、市は12月、法律上の婚姻関係にない男女から生まれた「非嫡出子」として届けるよう求めた。

 男性は記者会見で「国から男性だと認められたのに、なぜ父親と認められないのか。性同一性障害として悩んできた日々よりつらい思いをしている」と訴えた。

工事トラブルで住民脅す=容疑で山口組系会長逮捕−大阪府警(時事通信)
<山本病院>男性の容体急変時に理事長が外出、飲酒(毎日新聞)
「異常死隠すため病室に運んだ」=主治医塚本容疑者−手術記録も所在不明・奈良県警(時事通信)
財源確保、公約通りにいかなかった=「時間的余裕」言い訳に−鳩山首相(時事通信)
<小沢幹事長>「政治塾」の冬季講義始まる 60人が参加(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。